2021年度 A2級入賞者記念コンサート 当日のレポート

A2級入賞者記念コンサート
当日のレポート

2021年8月16日(月)、浦安音楽ホール(千葉・浦安)にて第45回ピティナ・ピアノコンペティンションA2級入賞者記念コンサートを開催いたしました。今年度の地区予選参加者はA2級でのべ2,240名にのぼり、その中から全国の地区本選にて入賞を果たした54名が憧れのステージでこの夏の成果をご家族や先生方に披露しました。小さな体で堂々と演奏するリトル・ピアニストたちに会場からは惜しみない拍手が送られました。

また、今回のゲストステージにはピアニストの佐久間あすか先生をお招きし、今年度のA2級課題曲を様々なアレンジでご演奏いただきました。
前半は「おいかけっこ」「バイエル」「2つのマーチ」「マーチ」をアレンジ演奏していただきました。お洋服のコーディネートで雰囲気が変わるように、同じメロディーに違う和音をつけてアレンジすることで、曲のイメージが変わることを学びました。
後半は、鍵盤ハーモニカも登場。ピアノではできない「1音の中でのクレッシェンド」も、息を使って演奏する鍵盤ハーモニカなら、自由自在!佐久間先生には、鍵盤ハーモニカで一味ちがった「かっこう」を演奏していただきました。

ゲストステージの中では、Q&Aのコーナーも実施。事前に皆様から募集した質問に、佐久間先生がたくさん答えて下さいました。
最後は「かわいい舞曲」「ぶんぶんぶん」「うたうろばさん」の素敵なアレンジ演奏を聴き、「トルコのおどり」では手と足でリズムを作って会場全体が一体となってアンサンブルを楽しみました。

第11回目となる今回のコンサートは、2019年度以来2年振りの開催となりました。感染対策にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。この夏にコンペティションを通じて得た経験を糧として、皆様がますます大きく成長していかれることを願っています。

Q&Aコーナー
第1部
1.参加者からの質問
練習について
何歳からピアノを弾いていますか。
3歳9ヶ月からピアノを習い始めました。
どうして、ピアニストになったのですか?
幼稚園の卒園アルバムには「ピアニストになりたい」と書いていました。どうしてなりたいか覚えていないくらいの時にピアニストになるんだと決めていたようです。
佐久間さんは、幼稚園児の頃、どのような練習をされていましたか?
右手を3回、左手を3回、両手を3回、といった練習をしていました。片手の練習をする時に、反対の手で拍子を叩きながら練習していました。
来年小学生になります。小学生の時は毎日どれぐらい練習していましたか。
小学1年生の頃は1時間半、2年生で2時間、3年生で3時間、4年生で4時間…とだんだん増えていきましたが、それ以上長く練習すると遊ぶ時間もなくなってしまうので、小学生の時は4時間くらいが一番多かったと思います。コンクールの前や夏休みは、5、6時間弾いていた時もありました。遊びの時間もしっかりとって良かったなと思っています。
どうしたら右手と左手の音を両方ともよく聴けるようになりますか?
色は混ぜた時に新しい色になりますが、音も合わさった時に新しい色ができるので、右と左を合わせよう、両方聴こうと思った時は、どっちも聴こうと考えすぎずに、混ざった色、その響きを聴こうと思うと良いと思います。
他の楽器の人たちと合わせる時、ピアノを弾きながら他の音のこともきちんと聴けるようにするにはどうすればいいですか?
他の楽器と自分が合わさったらどんな響きになるか、合わさった響きを意識すると上手に聴けると思います。
その他
こどものときにすきだったあそびはなんですか?わたしはこうさくをしたり、えをかいたり、のぼりぼうをするのがすきです。
鉄棒と雲梯が大好きでした。
いしょうをきめるときは、どんなふうにきめますか。
どんな曲を弾くか、その曲の雰囲気をイメージして、その曲に合った服を着たり、一緒に演奏する人と相談して決めたりしています。
すきなおかしはなんですか。わたしはチョコレートがとってもだいすきです。
麩菓子のふーちゃんが大好きです。
2.保護者からの質問
練習について
子どもが楽しくピアノの練習を続けていくためには、どんな練習が必要ですか?
楽譜の音を元にして遊び弾きをすることが多いです。元の曲の後ろに自分の作曲をくっつけてみたり、元の曲に別のものを重ねてみたりしています。
第2部

comming soon!

ダイジェスト動画
みんなのえにっき
12
12
12
12
12
12
アルバムコーナー
【広告】